TOPへ 2007年07月09日 2007年07月18日 一般車両の通行を規制

タウシュベツ川橋梁 (廃線の国鉄士幌線アーチ橋)

北海道河東郡上士幌町字糠平付近

撮影日:2007年07月18日

タウシュベツ川橋梁(きょうりょう)

 再度、タウシュベツ川橋梁(きょうりょう)へ来て見ました。
前回は、曇ってて小雨がパラパラと降ってパッとしなくがっかりで残念な思いをしましたが、今日は、青空が広がり清々しい天候でよかったです

 この日は、たくさんの観光客とライダーが来てましたので、難なくとここまで来ることが出来ました。今回のもうひとつの予定は、湖面に写りこむ橋の姿を撮ることでした。
しかし、残念ながら、今日も波がたって 湖面には橋が写り込んでません。まぁ〜これはこれでいいか!。贅沢言ってはいけませんね。

 タウンシュベツ川橋梁は、年々と壊れてきているそうです。良く見ると、コンクリートの中から錆びた鉄の棒が見えてました。
表面はコンクリートのようですが、中は、大小の石が詰まってました。そのせいか、外枠が崩れると中の石が転げ落ち、一気に崩壊しそうです。
どこかのサイトの写真を見ると、外枠のコンクリートが大きく崩れた下辺りに、石が積み重なるように落ちていました。
北海道遺産なのに修復はしないのでしょうか?いつまでも、残ってて欲しいですね。

 糠平湖です。太陽が眩しく水面はキラキラと光ってました。ライダー達も、いろいろなポーズを撮りながら楽しそうに記念撮影をしていました。

 前回一度来たので、今回は、怖い!っという感じは無かったです。駐車場までは、徒歩約500m先です。前回は曇ってて、この林の道は薄暗く、一人で来ることが出来ませんでした。慣れですね。


 今度、何時来れるか分からないので、いろいろな角度から撮って見ました。湖の側には大きな切り株が・・・自然で失われたのでしょうかね?


     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO