TOPへ 然別湖 (曇り) 然別湖(晴れ)

然別湖

北海道河東郡鹿追町然別湖畔( かとうぐんしかおいちょうしかりべつこはん)

撮影日:2007年07月09日

 「然別湖」へ来て見ました。地図で見るとタウンシュベツ橋梁から近そうだったので日が暮れる前には行けそうだと思い行って見ることにした。が、ここまで辿り着く国道85号線はカーブも多く、思った以上の時間がかかってしまった。しかも、雨がポツポツとふり出し、然別湖は霧がかかってて最悪の景色でした。
 ここ、然別湖は、北海道の湖ではもっとも標高(810m)の高い位置にあります。また、大雪山国立公園唯一の自然湖で原始の姿を残す神秘の湖だそうです。
 仕方なく、湖畔まで行って記念に写すことにしました。湖畔へ行く階段を下りると、湖を遊覧するボートや観光遊覧船が停泊してましが、既に時間が過ぎてたために閉まってました。
 無料の「足湯」があったので、ちょっと休憩して行く事にしました。湖畔には、近代的な綺麗な温泉ホテルが数件あるようで、駐車場は満車で可也の観光客が訪れてるようです。



桟橋には、貸しボート、観光遊覧船が停泊してました。

看板に、冬になると「然別湖コタン」という氷上露天風呂が楽しむことが出来るそうです。

湖畔に建っている、然別湖温泉 ホテル風水です。この日は、たくさんの観光客でいっぱいでした。


湖畔にある足湯です。

 

句碑
葛しげる 霧の いづこぞ 然別
明治25年生まれの俳人水原 秋桜子の句碑です。
     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO