窓 岩

北海道せたな町瀬棚区島歌

撮影日:2007年07月29日

 檜山国道229号線の瀬棚海岸線は、奇岩、怪岩が連なる海岸線らしく、「窓岩」の様に見てハッキリと分かる岩であれば見落とすことはないのですが、景色を楽しみながら走行してると、いつの間にか通り過ぎて見逃してしまいました。

 中央に穴が開いた窓岩は奇岩の代表とも言え、遠くの右側の岩は、「亀岩」で冬の時期になると野生のトドの群れが見れるそうです。
 また、観光案内の地図には載ってない、たぬき岩、恐竜岩などもあると聞いたので探せる岩は探して見ましたが中々見つかりませんでした。
 親子熊岩の駐車場で、パトカーで巡回中の警察官も撮影しに来たので、その方と話し込み、情報をもらいましたが見つからない岩もありました。


 荒々しい海ですね。波シブきが凄かったです。



旅 程 (せたな町(茂津多岬)→亀田郡七飯町(大沼国定公園))  食事
24 7/29
(日)
晴れ 5:15道の駅(くろまつない)---三本杉岩・ろうそく岩8:15---茂津多岬(日本一高い灯台)8:55---横滝9:26---窓岩9:43---立象山9:50---親子熊岩11:08---夫婦岩11:12---たぬき岩11:35---山越駅(山越内関所)13:32---大沼国定公園(サイクリング)14:40---道の駅  車内泊20:10

     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO