幌戸沼(ぽろとぬま)

北海道厚岸郡浜中町

撮影日:2007年07月12日

  昔、テレビでよく見ていたムツゴロウ動物王国があった?場所から国道142号線を走っていると、左側に小さな沼のようなものがありました。広々とした湿原のようなこの沼は幌戸(ぽろと)沼」と言うことが分かった。
アイヌ語で
「ポロト」とは大きな沼という意味だそうですが、小さな沼ですね。また、一説では、“大事な沼””魚の良く捕れる沼”という意味にもなるそうです。
北海道では、至どころにこんな風景と出会います。時期によっては、
タンチョウや多数の水鳥も見ることができ、運がよければコクガンにも出会えるそうです。
沼の河口には、サケ釣りのポイントとなってるようです。
海岸にはネイチャーセンターがあるようです。


遠くに見える高い丘の向こう側には「ムツゴロウ動物王国跡」?があります。


何か生物が居ないか双眼鏡で覗きながら探しましたけど何にもいない。


国道142号線から見た風景です。左側には綺麗な「後静海岸」が続いて、釣り人がたくさん居ました。

 
旅 程 (摩周湖→霧多布岬→落石)  食事
7/12
(木)
4:00摩周湖(道の駅)車内泊---神の子池7:19---硫黄山8:18---大草原展望塔10:34---おまけ風景11:05---霧多布岬11:51---温泉ゆうゆ13:02---琵琶瀬展望台13:42---立岩と涙岬14:02---嶮暮帰島14:40---ムツゴロウ王国14:58---幌戸沼15:12---落石「北の国から」蛍と正吉の会話シーンロケ地16:01---道の駅(スワン44ねむろ)車内泊19:11


     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO