ページのTOPへ
TOPへ 摩周湖(曇り時) 摩周湖1(曇り時) 摩周湖1(晴れ時) 摩周湖2(晴れ時) 摩周湖3(晴れ時)

摩周湖

北海道川上郡弟子屈町

撮影日:2007年07月18日

 標津郡中標津町から旭山動物園へ向かう途中で「道の駅 摩周湖」で車内泊をすることにしました。次の日は、朝から雨で厚い雲でした。本当は、最後に晴れた「摩周湖」を見たかった。諦められなかった・・・のもあったのです。下が雨でも 雲の上は晴れている事もあるので、少しの期待と可能性を願って、もう一度摩周湖を見てから行くことにしました。
道道52号線を摩周湖へ向けて坂道を上がって行くと濃いい霧で30m先が見えなくなってしまいました。諦めて戻ろうかと迷いながら、諦めきれずに進んで行くと更に見通しが悪くなり、一度車を停めてどうするか な?っと迷っていると、一瞬、雲の合間から微かに青いものが見えた。これは見ることが出来るのでは?、と急いで車を走らせて上って内にパッと晴れ間に出た。見 ることができるうれしい感情が湧いてきて、急いで駐車場へ車を置きカメラを持ち出しました。 既に何人かのカメラマン風のゴッツイカメラを持たれた方が居ました。摩周湖は、真っ青なコバルトブルーで凄く綺麗でした。
摩周湖も綺麗、その逆側には雲海と今日は最高の日でした。

 摩周湖は、透き通った光景で湖はコバルトブルーでした。それはそれで、反対側は、青空に雲海でした。嬉しくて仕方がありませんでした。 雲から覗かせる奥の山は何と言う山でしょうね?。

 アップにすると、三つ富士山のような山の形があります。方向から考えると阿寒湖がある方角なので雄阿寒岳(おあかんだけ)(標高1,371m)でしょうか?そうすると右側は、雌阿寒岳(めあかんだけ)(標高1,371m)?左側は、「阿寒富士」(標高1,476m)だと思います。間違っているような気もします。


山の山頂に建物が見えます。雲が当たって、雲の気流が乱れていました。


 折角なので、上手く撮りたかったのですが、どこをどう撮ると良いのか分からずに撮りまくりました。

 かなり時間が経ってますが、雲はいっこうになくなりません。

 雲の形がいろいろに変化しながら流れて行きます。いつまで見てても飽きない情景でした。




 次はいつ来れるか?見られるのかが分からないのでたくさん撮りました。その内、青い空に薄い雲が流れて来ました。又違った風景でいい感じの写真が撮れました。

 雲を入れながら空を命一杯入れて撮って見ました。




     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO