ページのTOPへ
TOPへ 北島三郎記念館 北島三郎記念館1 北島三郎記念館2 北島三郎記念館3 北島三郎記念館4

北島三郎記念館

北海道函館市末広町22番地11号

撮影日:2007年07月31日

北島三郎記念館

 函館の元町末広町重要伝統的建造物群保存地区散策をしてると、案内地図に北島三郎記念館が記載されいたので言ってみるか迷った。
 演歌かぁ〜、北島三郎も余り知らないしなぁ〜。でも、折角函館に来たので行ってみる事にした。

 ここ、inning Hall は北島三郎記念館だけでなく、ホテルとレストランがあり、そこからの眺めは、函館山や函館港、赤レンガの倉庫群が一望でき、夜は夜でライトアップされた綺麗な夜景を見ながら楽しく夕食ができます。
 食材は函館で獲れた魚介類などの料理を美味しくいただくこともできます。

 1階のチケットカウンターに行くと、専任のスタッフが迎えてくれて、各ゾーンの説明案内を詳しくしてくれました。
 三郎は、高校時代しりうちから汽車で1時間半をかけ、函館の高校まで通ったそうです。

朝、まだ明けぬ暗い時間に家を出て、汽車に乗り込み、いつも母親が作ってくれる弁当を食べたそうです。
 弁当の中身は、ご飯に黒砂糖をまぶしただけの弁当で、弁当箱はスチール製で出来てるため、ダルマストーブで暖めると黒砂糖がご飯に溶け込み、大好きな「母さんのぼたもち」の味がしたそうだ。今でも、その味は忘れられないそうです。

 この後は、サブちゃんの高校時代の通学中の列車、流しの時代から現在までの北島三郎40年の歩みが展示してありました。
 最後のシアターゾーンは、サブちゃんのオン・ステージ、輝くイルミネーションに宝船で登場する実物大人形のサブちゃんは本物そっくりでその歌う姿も動きもサブちゃんそっくりでした。

各ゾーンの続きは、他のページで書き込みしてます。


   
所在地   : 北海道函館市末広町22番地11号
時間   : 9:00〜19:00 閉館20:00
入館料   : 大人(中学生以上)1500円、小人(小学生)400円
休館日    
駐車場   あり
問い合わせ   : 0138-26-3600(記念館直通)

恩師・船村 徹書の看板が掲げられたエントランスで記念撮影


サブちゃんの故郷の情景や幼少時代の頃の写真が飾られてました。
本名 大野穰。昭和11年10月4日に生まれ、五男二女の長男です。
目のクリクリとした可愛い子だったそうです。


 かつては綱元だった大野家の面影は薄く、幼い長男の肩には一家を支える重荷がのしかかっていた。海で父を手伝い、畑仕事で母を助けた。


 サブちゃんが駆け込んだ!朝まだ早い渡島知内駅舎
函館まで1時間半、汽車で通った高校時代。当時の路線図や改札口など懐かしい昭和30年頃の雰囲気を再現してありました。

 運賃表だけ見ると安く感じますが、当事の金額で考えると高かったんでしょうね。



翌日の新聞に、函館西高生 大野君大活躍の見出しで、溺死寸前の幼児を救った記事が載る


旅 程 (函館市・元町末広町重要伝統的建造物群保存地区散策)  食事
26 7/31
(火)
晴れ 5:28道の駅(しりうち)---函館市元町末広町重要伝統的建造物群保存地区---日本聖公会函館聖ヨハネ教会8:28---チャチャ登り8:32---妙福寺8:34---函館ハリストス教会8:36---八幡坂8:51---旧函館区公会堂8:56---函館展望8:58---四天王像8:59---旧北海道庁函館支庁庁舎(函館写真歴史館)9:00---元町公園9:03---基坂9:05---ペリー提督 来航記念碑9:07---旧イギリス領事館9:08---諸術調所跡9:13---中華曹館9:15---旧アメリカ領事館跡9:17---沖之口番所跡9:25---函館運上所跡9:30---北海道第一歩の地碑9:32---函館港と倉庫群9:33---相馬株式会社9:38---函館市北方民族資料館9:39---北島三郎記念館9:43---金森美術館9:48---遊覧船ブルームーン9:49---西波止場美術館9:50---西波止場9:51---赤レンガ倉庫群9:53---函館ヒストリープラザ9:54---アフィーテ函館 ステラマリス・チャペル10:01---はこだて明治館(旧函館郵便局)10:08---函館ベイ美食倶楽部周辺10:12---箱館高田屋嘉兵衛資料館10:17---日本初のストーブ10:18---函館市文学館10:34---市立函館博物館郷土資料館10:36---北島三郎記念館10:39---旧函館区公会堂11:53---山川牧場(ソフトクリーム屋有名人も食べに!)12:22---カトリック元町教会12:34---亀井勝一朗生誕の地12:35---東本願寺函館別館12:43---高田屋嘉兵衛洞像12:55---高橋掬太郎歌碑12:57---南部藩陣屋跡13:08---函館ロープウェイ乗り場13:10---元町配水場13:13---称名寺13:39---高龍寺13:42---旧ロシア領事館14:01---山上大神宮14:03---外国人墓地(ロシア人墓地)14:18---函館中華山荘14:18---地蔵寺14:26---万平塚14:26---外国人墓地(プロテスタント墓地)14:27---ハリストス盛況墓地14:32---函館検疫所台町措置場14:34---護国神社14:49---道立函館美術館15:26---五稜郭タワー15:29---五稜郭公園16:10---市立函館博物館 五稜郭分館16:22---函館ヒストリープラザ夜景散策21:00---函館山22:10---道の駅 (しりうち)車内泊23:50

     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO