ページのTOPへ
TOPへ 地獄谷 登別 地獄谷 登別1 地獄谷 登別2

地獄谷 登別

北海道登別市登別温泉町

撮影日:2007年07月23日

 登別地獄谷です。あれっ!白い湯煙は?

 洞爺湖で、地図を見ながら周辺に何かないかな?と探していると、”登別温泉”の文字を見つけた。北海道へ来たのなら、ここは是非訪れたい温泉で、地獄めぐりもありますね。
九州で言えば、別府温泉の地獄めぐりや雲仙地獄といったとこでしょうね。全国的に見ても知名度が高く、観光雑誌にも載ってますね。
現在は9種類の温泉が湧き出してるそうで、温泉郷としても、人気が非常に高い温泉地だと思います。
登別地獄谷

 登別温泉の北東に位置する、長径約450mの爆裂火口跡です。
毎分3000リットルもの温泉を湧出する、登別温泉の源泉です。
 地獄谷に一歩足を踏み入れると硫黄のかおりがたちこめ、奥までいくと湯煙で辺りが見えないほど。
 一周約10分の遊歩道があり、地獄谷展望台に登ると、火山ガスや熱湯を噴出す様を見られ、まさに地獄めぐりの気分。
 地獄谷から20分ほど歩くと、大正時代の小爆発で誕生し、7色に湯の色が変わる「大正地獄」など、様々な地球の神秘を楽しめます。
 春の花に囲まれた地獄谷、夏の生い茂った登別原生林の広がる様、秋に紅葉で赤く燃える地獄谷や、冬、雪に覆われつつも熱気の伝わる地獄谷も格別だそうです。


登別温泉地獄谷入口↑、↓赤鬼と青鬼が迎えてくれます。


 駐車場へ向う途中にあった木造建物、登別パークサービスセンターへ来て見ました。 行き当たりばったりだったので、どこをどう見て回れればいいのか分からなかったので、先ずは情報収集。
建物内へ入ると、いろいろなパンフレットや周辺の観光案内などもあって、観光客も休憩してて、ちょっとした休憩所の様な場所でした。ここで、周辺のマップを貰って、散策することにしました。


最初見たとき、えっ!熊が軽トラックに乗って運ばれていると思いました。傍へ寄って見ると、熊牧場宣伝カーでした(^o^)ハハハ。そういえばここにも熊牧場があったことを思い出した。


登別周辺観光案内板
だいたい行く場所は決まってますね。


最初に、登別の地獄谷へ来て見ました。独特の硫黄の匂いがやっぱり凄いですね。思った以上に、観光客が少ないのに、ちょっと拍子抜け。
それに、吹き上げる白煙の少なさに、がっかりです。写真でも分かるように噴気孔が少ない!


 こうして見ると、なんだか採石場って感じです。地獄谷というくらいなので、至る所から高温の温泉が噴出し、強い硫黄の匂いと湯煙が当たり一面をもうもうと立たせていて、ちょっと、恐ろしげな景色が広がっていると思ってましたが、ここはそうではなく迫力に架けてました。
これだったら、数日前に訪れた、弟子屈町の硫黄山の方がまだ良かったです。


 パンフレットによると、一週約10分の遊歩道があって、奥には、地獄谷展望台があることが書かれてあったので行って見ました。
そこは、火山ガスや熱湯を噴出する様子が見られ、まさに地獄めぐりの気分だそうだ。


 コースを歩いて見て回りましたが、高温の温泉が湧出ている場所がありません。


温泉地獄、独特の湯煙も少なく、温泉卵もないようです。
期待が大きかった分、なぁ〜んだかショック!でした。


旅 程 (洞爺湖→登別地獄谷→室蘭(地球岬))  食事
1 8 7/23
(月)
晴れ時々曇り 5:00洞爺湖畔車内泊---洞爺湖早朝散策5:38---昭和新山9:21---洞爺湖10:45---有珠山噴火記念公園11:13---ザ・ウィンザーホテル洞爺&スパ11:53---牧場のアイスクリーム13:22---オロフレ岬15:05---登別(地獄谷、極楽通り商店街散策、大湯沼、奥の湯)15:49---大湯沼川天然足湯16:39---扇型展望台17:15---倶多楽湖17:20---イタンキ浜18:16---地球岬18:37---むろらん温泉:ゆらら---道の駅(みたら室蘭)車内泊20:20


     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO