白扇の滝

北海道恵庭市盤尻

撮影日:2007年07月26日

 恵庭市街から道道117号線沿いに、「三段の滝」「ラルマナイの滝」を見てから「白扇の滝」滝見広場へ来ました。道中自動車道「恵庭IC」から道道117号線で約25分くらいで着きます。
観光案内状で写真を見ると、流れ落ちる水が白くまるで扇の様で、その姿は素晴らしく綺麗だったので、是非とも見たいくて寄って見ることになりました。


 白扇の滝の案内板を見ると、「森のいこいのひろば」、「滝みのひろば」、「川のせせらぎ休憩所」、「写生のひろば」そして、「白扇の滝展望ポイント」があり、トイレや身障者用のスロープもあり、整った施設のようです。


 白扇の滝です。観光案内所で見た写真のようには撮れませんでした。三脚を持ってくればと後悔しました。

 柵を越えて、ギリギリまで近寄って撮って見ました。


 写真で見た場所をいろいろと探して見ましたが、見つかりませんでした。滝を撮るには、やはり三脚が必要ですね。


 滝の撮影ポイントから柵を乗り越えないと撮れませんでした。が、草が生い茂り直ぐ傍は崖!境目が分からないので気を付けて撮って見ました。

 ここから見る風景は、なんだか熊本の菊池渓谷に似ていました。紅葉に季節は、素晴らしいでしょうね。後で知ったのですが、「北海道百選」に選ばれているそうです。


 漁川の支流ラルマナイ川にあり、白扇の滝は、高さ15m、幅18mの水流が扇状に開いて、水煙と水泡で真っ白に見えることから名付けられたそうです。
 ラルマナイ川から流れる水が白扇の滝壺へ流れ落ち姿は綺麗でした。これも、三脚を使うともっといい感じに撮れただろうと後悔。

滝壺を撮りたかったのですが、これ以上近寄ることが出来ませんでした。


 ここからの位置も綺麗でした。次回来た時は、必ず三脚を使ってスローシャッターで撮りたいですね。

どうしても滝壺を撮りたかったのですが、これ以上近寄ると落ちそうなので諦めました


旅 程 (札幌市 外地内観光)  食事
21 7/26
(木)
曇り 5:00道の駅---三段の滝7:17---ラルマナイの滝7:23---白扇の滝7:30---大倉山ジャンプ競技場8:51---白い恋人パーク10:48---前田森林公園(休息)13:25---道の駅車内泊19:00


     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO