稚内公園のエコ足湯

北海道稚内市稚内村ヤムワッカナイ稚内公園

撮影日:2007年07月15日

 

 宗谷岬、ノシャップ岬を散策し、稚内公園の開基百年記念塔へ行く途中に、無料の休憩所がありました。

 ここは、中腹あたりにあって敷地内には風車もあります。今は、「エネルギーサテライト」という風車で発電した電気を蓄える燃料電池システムの実験展示施設になってるそうです。

 稚内の特徴「風」を利用し、数力発電の電力を利用し、水電解方式で作った水素を燃料電池に送ることで、安定した電気と熱が利用できるようになってる。
 風力圧電+燃料電池+ヒートポンプでお湯を沸かすシステムで、「エコ足湯」です。
(環境にやさしいエネルギー)

 ゲストハウスには、風車が発電した電気を使う、燃料電池システムの仕組みのほか、小型の燃料電池で動く自動車のおもちゃの体験、自然エネルギーに利用啓発のためのパネルなどが展示されていた。

 
旅 程 (網走観光「 女満別湖畔など」⇒⇒⇒サロマ湖展望台⇒⇒⇒宗谷岬「北防波堤ドーム」)  食事
1 0 7/15
(日)
晴れ 4:00能取駐車場---女満別駅4:55---女満別湖畔5:03---のとろ湖5:57---サロマ湖展望台7:27---北見神威岬公園10:54---宗谷岬(日本最北端の地)12:19---ノシャップ岬14:20---開基百年記念塔14:59---エコ足湯15:34---北防波堤ドーム15:52---稚内駅(日本最北端の駅)15:59---稚内空港16:42---ガソリン代(安田石油店:日本最北端給油証明書:貝殻)17:59---日本最北端御巡錫記念碑17:00---さるふつ公園(道の駅)車内泊19:11

     
     
     
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO